バルトレックスを通販するために知っておきたいことまとめ

ポイントを指差す男性

バルトレックスを通販で買ってヘルペスを治そう!と決心したものの……薬の通販オンラインやオオサカ堂といった、たくさんの通販サイトが見つかって、どこにすればいいか迷ってしまいますよね。そんな通販サイト選びも、サイトの安全性と価格を比較すれば、迷わず簡単に決められます!当サイトは、安全に正規品のバルトレックスが通販できるサイトの選び方をご紹介します。

バルトレックスはヘルペスや帯状疱疹の薬!

バルトレックスは、性器ヘルペス口唇ヘルペス、帯状疱疹や水ぼうそうなど、ヘルペスウイルスが原因の病気を治療する薬です。

高い治療効果を持ち、上述の病気の第一選択薬として利用されています。

バルトレックスは、ヘルペスの再発を予防する効果もあります。一方、カンジダやコンジローマなど、他の病原体が原因で起こる性病には効果がありません。

はじめて発症したヘルペスなら最短1週間、再発したヘルペスなら、その日に治療することが可能です。

バルトレックスは、早期服用によって不快な皮膚症状を最小限に抑制する効果があります。

再発を繰り返している場合、再発する前のムズムズした違和感や、チクチクしたかゆみなどを感じることがあるでしょう。このような再発の前兆が出た時点でバルトレックスを服用すれば、不快な症状が起こる前に、ウイルスの増殖を抑えることができます。

反対に、発症してから6時間以上経ってしまうと、バルトレックスの効果は半減してしまうので、注意が必要です。

バルトレックスを自宅に常備しておけば、再発してもすぐに治療できます。

はじめてヘルペスを発症した場合、バルトレックスを使えば最短1週間、遅くても2週間以内に症状が改善します。

はじめて発症したヘルペスは症状が重く、治療しないと、高熱やリンパ節などの膨張を伴う全身症状が3週間続くこともあります。

ヘルペスは、重篤な脳炎に発展するケースもあるので、バルトレックスを利用した早急な治療が必要です。

バルトレックスは臨床試験において、95.9%という高い有効性が確認されていて、幅広い世代の人が利用しています。

病原体の中には、変異して薬の効果を無効化してしまう種類も存在します。一方、ヘルペスウイルスは耐性化が起こりにくいと判明しています。そのため、バルトレックを、用法・用量を守って使えば、確実な治療が可能です。

なお、腎臓が弱い人がバルトレックスを使うときは、医師と相談しましょう。

ごくまれに意識障害やアナフィラキシーショックなどの重い副作用が起こる場合もあります。身体に異常を感じたら、服用を中止し、病院を受診しましょう。

バルトレックスはウイルスの増殖を抑える

バルトレックスは、塩酸バラシクロビルという有効成分が含まれた、ヘルペスウイルスが原因の様々な病気に有効な薬です。

塩酸バラシクロビルは、体内でアシクロビルという成分に変化し、ウイルスの増殖を抑制します。

バルトレックスは、他の薬よりも高い効果を持ち、単純疱疹や帯状疱疹などの治療に使われます。

単純疱疹や帯状疱疹の場合、皮膚に小さな水ぶくれができたり、免疫反応から強い炎症や痛みなどが起こったりします。

単純疱疹の場合は、感染した際に非常に激しい反応が起こり、水ぶくれや粘膜のただれなどが起こりやすいです。

一度発症すると、身体に免疫ができるため、再発したときの症状は軽度です。

ヘルペスウイルスは、一度感染すると、神経の中に入り込みます。こうした現象を「潜伏感染」と呼びます。免疫機能が低下すると、そのたびウイルスが活動を再開し、再び症状を引き起こします。

水ぼうそうを治療したあと、潜伏していたウイルスが活動を再開すると、帯状に水疱や炎症・痛みを引き起こします。このような症状を帯状疱疹といいます。

ウイルスが活性化している限り、水疱や痛みは続きます。また、帯状疱疹は、電気が走るような痛みが、治療後も3ヵ月以上続くことがあります。

帯状疱疹の痛みを改善し「帯状疱疹後神経痛」が併発しないようにするために、早い段階でバルトレックスを使って、病原体を除去する必要があります。

ヘルペスの治療には、以前は「ゾビラックス」が使われていました。

主成分のアシクロビルは「チミジンキナーゼ」という酵素タンパク質により化学変化(リン酸化)を受けてから、「アシクロビル三リン酸」という物質に変化します。

この化合物は、ウイルスのDNA合成を阻害する働きを持ちます。DNA合成ができないと、ウイルスは増加できなくなります。

アシクロビルは、ウイルス以外の細胞に影響を与えることはないので、安心して利用できます。

バルトレックスは、核酸類似体抗ヘルペス薬で、アシクロビル(ゾビラックス)のプロドラッグとして人気のある医薬品です。

第2世代抗ウィルス薬に分類されます。製造販売業者はグラクソ・スミスクライン株式会社で、幅広い世代の人が利用しています。

体内でアシクロビルに変換され、高い効果を発揮します。吸収効率がよいので、1日1回から3回の服用で十分な効果を発揮します。

ヘルペスの再発を予防する効果もある

ヘルペスの治療薬として抗ウイルス薬のバルトレックスがよく使われます。

バルトレックスはゾビラックスに続く「第2世代ヘルペス治療薬」と呼ばれていて、ゾビラックスの弱点などを改良した薬です。製造元は、イギリスに本社がある「グラクソ・スミスクライン」です。

ヘルペスは、感染すると皮膚に水ぶくれなどができたり、痛みが伴いつぶれると赤くただれてしまうので注意が必要です。人によっては熱が出たり、患部の周囲のリンパが腫れたりすることもあります。

ヘルペスウイルスは、感染力の高いウイルスです。ヘルペスの症状が悪化し水疱が破れてしまう場合、タオルや食器などが触れるだけで周囲の人にも感染してしまうので注意が必要です。

ヘルペスを発症した場合、有効成分1錠に付きバルトレックスを500mg1日2回、5日継続して飲みます。するとウイルス増殖が抑制され、最短3日で不快な症状が治まり始めます。

バルトレックスを飲めば、1週間ほどで症状が消えるでしょう。治療薬は早めに飲まないと、効果が半減するので、注意が必要です。

バルトレックスは、ヘルペスの再発を未然に防ぐ効果もあります。

ヘルペスが再発するときは、患部がピリピリしたりチクチクしたりします。そのような前兆を感じたら、すぐに病院を受診し、バルトレックスを処方してもらいましょう。

ヘルペスは再発しやすいのが特徴です。特に性器ヘルペスは非常に再発しやすく、治ったとしても1年以内に再発することが多いです。

再発が多い人には、バルトレックスを利用した再発抑制療法が行われます。再発抑制療法とはバルトレックスを毎日服用することで、ヘルペスウイルスの増殖を抑制し、再発の頻度を下げる、というものです。

再発抑制療法を受ければ、しつこいヘルペスの再発を抑えることができます。長期間にわたって薬を飲み続けるため、薬の費用が心配な人もいるでしょう。再発抑制療法は、保険適用として認められているので、通常の治療と同じく、3割負担で済みます。

バルトレックスを飲み続けることで潜伏中のウイルスの数が減り、ヘルペスが再発しにくくなります。

性器ヘルペスの予防の場合、バルトレックスを1日1回、毎日継続して飲み続けます

ヘルペスには前兆があるので、自宅にバルトレックスを常備しておけばすぐに対処できるでしょう。

個人輸入代行サイトを選ぶときのポイント!運営会社をチェックしよう

バルトレックスを個人輸入で購入する際に、「このサイトで買っても大丈夫かな?」と不安になる人も多いと思います。

そんな時にチェックしておきたいポイントが、大きく分けて4点あります。

まずはじめに、サイトに記載されている【特定商取引法に基づく表示】というページを確認しましょう。

このページには、会社の所在地や設立年月、送料、サイトを運営している担当者など、運営会社についての詳細が記載されています。運営者情報がきちんと記載されているかどうかが、安全なサイトを見分けるポイントの1つです。

次に、Q&Aのページがあるかチェックしてみましょう。きちんと運営されている会社は、Q&Aのページを設け、ユーザーの疑問にしっかりと答えています。

サイトによっては【よくあるお問い合わせ】といった表示になっていることもあります。ここを事前にチェックしておくことで、購入に関する疑問や不安を解消することができるでしょう。

個人輸入で買った商品は、海外から発送されます。国内便に比べて、届くには時間がかかります。

国内での通販に慣れていると、個人輸入は荷物が届くのが遅く感じるでしょう。また、個人輸入代行サイトを初めて使う人は、「いつになったら荷物が届くの……?」と不安になってしまうかもしれません。

運営会社のQ&Aには海外からの荷物の到着日数の目安が記載されています。事前にQ&Aをチェックしておけば、、荷物の到着日数の目安が分かり、不安が軽くなるでしょう。

口コミも重要な判断基準になります。口コミが多いサイトは、それだけ利用人数が多いサイトだと判断できます。

また、届いた商品の状態や配送時のトラブルなどについて書かれていることもあります。実際に使った感じが分かるため、サイトを選ぶ判断基準になりるでしょう。

海外からの荷物なので、注文した数によっては関税がかかる場合もあります。関税がかかるのをなるべく避けたい人は、「到着時に関税がかかった!」といった口コミが多いサイトを避けるとよいでしょう。

最後のチェックポイントは、商品の価格です。

通販サイトによって、商品の価格は異なります。また、送料、サービスによっても最終的な費用は変わってきます。

サイトによっては、会員登録することで初回ボーナスとしてポイントがもらえたり、メルマガに登録することでクーポンが貰えたりします。

安全なサイトを比較しつつ、クーポンなどをうまく使ってお得に購入しましょう。

個人輸入代行サイトを選ぶときには、【特定商取引法に基づく表示】【Q&A】【口コミ】【価格】をよく確認して、安全・お得に購入しましょう。

偽物?詐欺?こんなサイトには注意

個人輸入の際に気をつけたいのが、詐欺サイトの存在です。

他のサイトと比較して、あまりにも安すぎる場合は、詐欺サイトを疑いましょう。個人輸入に限らず、極端に安い値段でユーザーを引き寄せ、お金をだまし取るサイトが、ネット上にいくつも存在します。

安いショップを発見した!と思って購入したら、薬が届かず、お金だけ取られてしまった、なんてことになる恐れがあります。

支払い方法が銀行振り込みの前払いのみとなっているサイトも要注意です。入金したのに商品が届かない、連絡してもつながらず、返金もしてもらえず、結局お金だけ取られてしまう、なんてことになるかもしれません。

無事に商品が送られて来たと思っても、中に商品が入っていなかったり、紙くずなどが入れられていたり、さらには、偽造薬が届く可能性もあります。

何も入っていなかったり、ゴミ同然のものが入ったりしていれば、詐欺だったとすぐ気付くことができます。

しかし、本物を模したパッケージの偽物が送られて来た場合は、重い健康被害を受ける危険性があるのです。

偽造薬は有効成分が全く含まれていなかったり、病気の治療に関係ない成分が含まれた偽物の薬のことです。

偽造薬を使うと、病気を治療できないどころか、重い副作用や思わぬ健康被害に遭う危険性があります。

個人輸入代行サイトで買い物をするときは、口コミを十分にチェックすることをオススメします。

また、個人輸入代行サイトを選ぶときは、必ずその会社の所在地を確認するようにしましょう。詐欺サイトの場合、住所で検索してもサイトの会社とは無関係の会社や場所が出てきます。

安すぎるサイトは避けましょう。詐欺サイトは【特定商取引法に基づく表示】部分が簡素だったり、色々な所から情報を拾ってきて貼り付けたような、チグハグな表示になったりしていることが多いです。

また、日本語の使い方がどこかおかしい場合も要注意です。

不安な場合は、運営会社の責任者の名前で検索してみましょう。関連ワードに【詐欺】と出てきたら、そのサイトは使わないほうがよいでしょう。

詐欺サイトの判断に自信がない場合は、大手サイトで購入するのが1番安全です。

その際にも、【個人輸入・薬・大手サイト】などで調べて出てきたサイトを鵜呑みにせず、個々のショップ名を検索して、上述のポイントをチェックしましょう。

ネットで人気の個人輸入代行サイトを紹介!

ここでは、オススメの個人輸入代行サイトを紹介します。

薬の個人輸入で人気のサイトは、「オオサカ堂」「アイドラッグストアー」「あんしん通販マート」です。大手サイトといえば、これらのサイトの名前があがります。今回は、バルトレックスに絞って、それぞれのサイトの最安値を比較してみましょう。

オオサカ堂では、バルトレックス1000mg 【1箱21錠】が3,810円で販売されています。

次にアイドラッグストアでは、バルトレックス1000mg【1箱21錠】の価格は3,780円です。

あんしん通販マートでは、バルトレックス1000mg【1箱21錠】が10,980円と、先の2サイトに比べて格段に高額です。ただし、あんしん通販マートでは、バルトレックスのジェネリック「バルクロビル1000mg」が4,680円で購入できます。

価格帯の近いオオサカ堂とアイドラッグストアで、さらにお得なポイントを比較してみましょう。

オオサカ堂では、送料は一律で無料です。支払い方法はクレジットカードか銀行振込が可能となっていますが、2019年1月の時点で、クレジット払いは休止しています。銀行振込で支払う場合は、振込み手数料が必要です。

アイドラッグストアーで購入する場合、1,200円以上の買い物で送料が無料になります。支払い方法は、銀行振込・郵便振替・クレジットカード決済・コンビニ決済・NP後払いなど、豊富に用意されています。さらに2箱購入で5,980円、4箱購入で10,280円と、まとめ買いすればするほど割引額が大きくなります。また、定期購入も可能です。定期購入を申し込めば、毎月決まった日に商品が届くようになります。さらに、定期購入を申し込めば、商品の価格も値引きされます。

アイドラッグストアーでは、会員登録で300ポイントが貰えます。しかも、1回目の商品手配が完了すると、さらに200ポイントもらえます。(価格や給付ポイントは2019年1月時点のものになります)

3サイトで比較すると、最も安くバルトレックスを購入できるのは、アイドラッグストアーです。

安全重視なら病院で処方を受けよう!

安全性を重視するなら、病院でバルトレックスを処方してもらうのがおすすめです。病院でバルトレックスを処方してもらう場合、医師の診察を受けられるため、より適切な治療を受けることができます。

病院から薬を処方してもらう料金は、症状によって異なります。

淋病の場合は、診察料や検査料として3,000円、薬代として2,000円目安になります。また亀頭包皮炎なら、診察などに2,500円、薬代として2,000円が目安です。

ヘルペスなどで病院を受診した場合、診察や検査に1,500円前後かかります。さらに、薬局でバルトレックスを処方してもらう費用は、およそ3,000円です。処方してもらえる薬の量は、治療に最低限必要な5日分です。

病院から薬を処方してもらう場合、まずは医師に体調や症状など診てもらいます。基本的には問診や検診で病状などを確認する事になります。

性器ヘルペスの場合、検査が行われる場合があります。検査は2種類あり、その1つがウイルス検査です。専用の診断キットなどを使用して、ウィルスの有無を確認する事になります。様々な検査法がありますが、多くの病院では、ヘルペスによってできた水疱の液などを使います。

もう1つの検査法がが、抗体の有無を調べる方法です。性器ヘルペスを患うと、身体の中に、ヘルペスウイルスの抗体ができます。抗体があれば、ウイルスが存在していることになります。

ヘルペスの治療には、保険が適用されます。そのため、診察や検査にかかる費用は3割負担で住みます。健康保険に入っていない場合、費用は全額自己負担になるので注意が必要です。

診察と検査の合計金額は、保険適用で1,500円になります。薬局では、薬代として別に料金を支払う事になります。また、薬代の他にも調剤料がかかります。バルトレックスを処方してもらう際の3,000円は薬代や調剤料を合計した金額です。

安さ重視なら個人輸入で海外から取り寄せる!

バルトレックスは、個人輸入のサイトで買うことができます。個人輸入のメリットは、治療にかかる費用を大幅に抑えられることです。

個人輸入でバルトレックスを5日分買う場合の費用は、4,000円が相場です。病院やクリニックで処方してもらう場合は、診察料や調剤料なども合わせて、およそ4,500円になります。

さらに、個人輸入代行サイトでは、商品を一度にまとめて購入することで、価格が割引されます。

バルトレックス10日分を、個人輸入代行サイトで買った場合の費用は、6,400円程度になります。実質的に1,600円分の割引です。更に多くの日数分を買えば、それだけ割引額も大きくなります。病院で処方してもらうよりも、はるかに費用が浮くのです。

個人輸入で薬を購入する場合、病院やクリニックのように診察料がかかることがありません。

医療機関から薬を処方してもらう為には、まずは診察を受ける必要があります。また、場合によっては検査が行われる場合もあります。

ヘルペスの診察と検査にかかる費用は、およそ1,500円です。いわゆるAmazonや楽天のような、一般的な通販サイトと同じ流れで注文でき、商品は自宅に届きます。診察料や検査料がかかることはありません。

個人輸入でバルトレックスを買えば、診察料と検査料がかからない分お得になります。安さ重視でバルトレックスを購入したいなら、個人輸入で買うのがよいでしょう。

また個人輸入代行サイトでは、薬のまとめ買いができます。クリニックから処方してもらう時は、基本的にはまとめて買うことはできません。

薬局から処方されるバルトレックスの量には、上限があります。1回の処方につき最大5日分しか出すことができません。再発した場合は、また薬局に行く必要があります。

しかし個人輸入で購入する分には、数ヶ月分をまとめ買いすることができます。さらに、1度に購入した量が多いほど、割引が適用されます。

治療費を抑えたい、という人には、個人輸入がおすすめです。ただし、個人輸入を使う場合は、偽物を買わないよう注意が必要です。

個人輸入で流通している薬の中には、偽物が紛れていることがあります。偽物の薬を使うと、ちゃんとした治療ができず、ヘルペスが悪化したり、思わぬ健康トラブル被ったりする恐れがあります。

安全性を重視したいなら、クリニックから処方せんを出してもらいましょう。どうしてもヘルペスの治療費を抑えたい、再発用に常備薬をストックしておきたい、という人は、個人輸入を検討してみましょう。

バルトレックスはAmazonや楽天、ドラッグストアでは買えないの?

多くの人が、楽天やAmazonなどの通販サイトを利用して買い物をしています。自宅まで届けてくれるし、とても手軽に製品を購入できるので、活用している方は多いでしょう。

バルトレックスや、病気の治療薬を通販で購入したいと考える人もいるでしょう。しかし、医療用医薬品は、通販サイトでは販売されていません。

楽天やAmazonでは取り扱われていません。病院やクリニックから処方してもらうか、個人輸入サイトを利用する必要があります。

薬といえば、ドラッグストアがありますね。近所のドラッグストアで薬を買う人も多いでしょう。しかし、ドラッグストアでもバルトレックスは販売されていません。

薬は、ドラッグストアなどでの販売が許可されていないものがたくさんあります。

ドラッグストアでは、「あらゆる」薬を販売する事はできません。手軽に買うことができる都合上、自己判断での使用にリスクのある一部の薬は、販売できないルールになっているのです。

医薬品医療機器等法(薬機法)という法律があります。薬機法は、「医療用医薬品」の市販を禁じています。医療用医薬品は、医師の診断がないと、購入することはできません。

「第一類医薬品」に分類される薬は、ドラッグストアで薬剤師の許可が出れば、購入可能です。

楽天やAmazonといって通販サイトでも、医療用医薬品の販売は許可されていません。もともと通販サイトでは、慎重に使用する必要がある薬を、販売してはいけないルールになっています。

その主な理由は健康トラブルです。効果の強い薬は、自己判断で使うと、思わぬ健康トラブルが生じる可能性があるのです。

バルトレックスはも、いわゆる医療用医薬品に分類されます。医療用医薬品は、作用が強いため、不適切な使い方をすると、健康トラブルを引き起こす危険性があります。医療用医薬品は、個人が自己判断で使ってしまわないよう、市販されていないのです。

医療用医薬品を入手するためには、基本的には医療機関から処方してもらう必要があります。つまり、クリニックなどで診察を受けて、処方箋などを出してもらう事になるのです。

クリニックから処方箋が発行されていれば、薬局やドラッグストア薬を出してもらえます。

処方箋がなければ、原則としてバルトレックスを買う事はできません。