バルトレックスを通販するために知っておきたいことまとめ

ポイントを指差す男性

バルトレックスは、ヘルペスや帯状疱疹などの皮膚の疾患を治療する薬です。

ここでは、バルトレックスの成分や効果、飲み方や副作用、注意点に至るまで、幅広く紹介します。

あわせて、バルトレックスを通販できる個人輸入代行サイトについても見ていきましょう。

バルトレックスとは

バルトレックスは、性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹や水疱瘡など、ヘルペスウイルスが原因の病気を治療する薬です。

治療効果は高く、ヘルペスウイルスの病気に対する第一選択薬として利用されています。

バルトレックスは、ヘルペスを治すだけでなく、再発を予防する効果もあります。一方、カンジダやコンジローマなど、ヘルペスウイルス以外の病原体が原因で起こる性病には、効果がありません。

バルトレックスを使えば、初めて発症したヘルペスなら最短2週間、再発したヘルペスならその日に治療することが可能です。

バルトレックスの成分

バルトレックスは1錠につき、塩酸バラシクロビルという有効成分が500mg含まれています。

塩酸バラシクロビルは、服用すると体内でアシクロビルという成分に変化し、ウイルスの増殖を抑制します。

添加物として、以下の成分が含まれています。

  • 結晶セルロース
  • クロスポビドン
  • ポビドン
  • ステアリン酸マグネシウム
  • 軽質無水ケイ酸
  • ヒプロメロース
  • 酸化チタン
  • マクロゴール400
  • ポリソルベート80
  • カルナウバロウ

バルトレックスの効果

バルトレックスは、単純疱疹や帯状疱疹を治療する薬です。

帯状疱疹などの原因となるヘルペスウイルスは、皮膚や粘膜に水ぶくれを作るという特徴があります。単純ヘルペスや水痘、帯状疱疹や水疱瘡が、その代表です。

特に単純疱疹や帯状疱疹は、感染からしばらくすると、皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤、ピリピリとした痛みなどの症状を引き起こします。

バルトレックスは、ヘルペスのこのような不快な症状に効果のある抗ウイルス薬です。

発症してからすぐに服用することで、ウイルスの増殖をいち早く抑え、不快な症状を改善します。

バルトレックスは、ウイルスのDNAの伸長を停止したり、DNAの複製を妨げたりします。その結果、ウイルスが増殖できなくなり、残ったウイルスも身体の免疫によって駆除されます。

服用するタイミングが早ければ早いほど効果的です。性器ヘルペスにおいては、症状の再発を抑制したり、パートナーへの感染を予防したりする効果もあります。

ただし、バルトレックスは皮膚上で増殖しているウイルスにのみ有効で、体内に潜伏したウイルスには効果がありません。

ヘルペスはいちど発症すると、疲れや病気などがきっかけで何度も再発を繰り返す病気です。このような特性から、ヘルペスにはバルトレックスのようなウイルスを抑制する医薬品が不可欠になります。

バルトレックスはヘルペスや帯状疱疹に効果を発揮!

バルトレックスの飲み方

バルトレックスの飲み方は、治療の場合と再発予防の場合とで異なります。

ヘルペスを治療する目的で飲む場合は、1日2回、1錠ずつ服用しましょう。その際、必ず12時間の間隔を空けてから飲んでください。

バルトレックスを服用する期間は、基本的に5日間です。ただし、ヘルペスの症状が重い場合は、10日間にわたり、服用を続ける必要があります。

ヘルペスの再発予防を目的で飲む場合は、1日1回、1錠飲みます。バルトレックスを服用する期間は、治療目的の場合よりも長く、最低1か月は飲み続けましょう。

再発したヘルペスを最短で治すためには、症状の前兆を感じたら、なるべく早くバルトレックスを服用することが大切です。

ヘルペスが再発する時は、患部にかゆみや痛みなどの前兆となる症状があらわれます。こうした症状を感じたら、すぐにバルトレックスを服用するようにしましょう。

バルトレックスの副作用

バルトレックスの主な副作用は、頭痛や吐き気です。食欲不振に陥ることもあります。

数あるヘルペス治療薬の中でも、バルトレックスは比較的に副作用の少ない薬です。「バルトレックスを飲んだけど、まったく副作用が出なかった」というケースもあるので、過度に心配する心配はありません。

頭痛や吐き気の他には、下痢や腹痛、軟便などの胃腸症状がよく見られます。めまいや強い眠気を感じることもあります。

人によっては、皮膚に発疹が出ることもありますが、水疱瘡を発症している時は、その発疹が副作用かどうか見極めるのが難しくなります。こうした場合は、病院で医師に診てもらいましょう。

バルトレックスの服用期間は、基本的に5日ですが、症状によっては10日間に長引く場合もあります。「副作用のある薬をずっと飲み続けるのは怖い」と思う人もいるかもしれませんが、バルトレックスを長期服用したことで副作用が重くなる、といったことはないので、安心してください。

バルトレックスの副作用で起こる症状について解説!

バルトレックスの注意点

バルトレックスは、基本的に安心して使える薬ですが、人によっては服用できないので注意が必要です。以下に、バルトレックスの服用に注意が必要な人の特徴をまとめました。

  • バルトレックスの成分が原因で過去に過敏症を起こした人
  • 腎障害を持っている人
  • 高齢者
  • 妊婦・授乳婦

それぞれの項目について、順番に見ていきましょう。

バルトレックスで過敏症を起こした人

バルトレックスに含まれている成分が原因で、過去に過敏症が起こったことのある人は、バルトレックスを服用できません。

人によっては、バルトレックスの成分が体質に合わないこともあります。その場合、発疹や蕁麻疹、光線過敏症といった症状が出ることがあります。

このような症状が出たことのある人は、バルトレックスを服用してはいけません。服用してしまうと、過敏症によって他の病気が起こったり、命に関わる事態に発展したりする危険性があります。

腎障害の人・高齢者

バルトレックスは、腎障害を抱えている人や、高齢者なども注意して服用する必要があります。

バルトレックスは、体内で活性代謝物に変換された後、腎臓から排泄されます。

賢障害を抱えてい人や高齢者は、腎臓をはじめとする内蔵機能が低下してしまっています。

腎機能が弱っていると、薬の成分が十分に代謝されず、薬の成分が長い間、体内にとどまります。その結果、成分の血中濃度が上がり、副作用のリスクが高まってしまうのです。

そのため、腎障害の人、高齢者は、バルトレックスを慎重に使う必要があります。

妊婦・授乳婦

妊婦や授乳婦も、バルトレックスを慎重に使う必要があります。

バルトレックスの製造会社「グラクソ・スミスクライン」が作成した資料には、バルトレックスをラットに投与した実験結果が記載されています。

妊娠中のラットに、バルトレックスを投与した結果、胎児の頭部などに異常が見られたという報告があります。

このことから妊娠中の女性には、バルトレックスは推奨されません。

しかし、治療をしないと深刻な事態になる、という場合は、妊婦にもバルトレックスが使われます。

口唇ヘルペスなど、命や健康に関わることのない病気の場合、出産後にバルトレックスで治療します。

授乳婦の場合も、バルトレックスの投与は慎重に行うことが重要です。

なぜなら、授乳婦がバルトレックスを飲んだ結果、母乳から有効成分が検出されたという報告があるからです。

授乳婦がバルトレックスを使っていると、有効成分が、母乳を通して乳児の身体に入り、悪影響を及ぼす可能性があります。

妊婦同様、ヘルペスや帯状疱疹の症状が重く、すぐに治療しないといけない場合にのみ使われます。

妊婦・授乳婦の人は、自己判断でバルトレックスを飲まないようにしてください。妊婦や授乳婦がバルトレックスを使う場合、必ず医師の判断を仰ぎましょう。

バルトレックスと風邪薬は併用して大丈夫?ロキソニンは?飲み合わせについて解説!

バルトレックスの価格

バルトレックスの価格は、1錠あたり約559円です。1日2錠服用すると、1,118円となります。ヘルペスを治療する場合は、基本的に5日間バルトレックスを飲むので、薬代だけで合計5,590円になります。

病院処方の場合は、薬代に診察料(1,000~2,000円前後)が加わるため、合計で7,590円ほどかかります。しかし、ヘルペスの治療は保険が適用されるため、薬代と診察料合わせて2,300円ほどになるでしょう。

個人輸入代行サイトでバルトレックスを通販する場合は、1錠あたり約398円の価格です。1日2回、5日間分を買うと、合計で3,980円ほどになります。

バルトレックスを通販できるオススメの個人輸入代行サイト

ここからは、バルトレックスを通販できるオススメの個人輸入代行サイトについて紹介します。

今回は、「あんしん通販マート」、「オオサカ堂」、「薬の通販オンライン」の3サイトを見ていきましょう。

あんしん通販マート

あんしん通販マートは、2012年から運営されている個人輸入代行サイトで、口コミの数も多く、安心して利用できる通販サイトです。

あんしん通販マートでは、10錠入りのバルトレックス500mgが、1箱4,280円で販売されています。

2箱セットで買うと7,062円、3箱セットで買うと9,694円と、まとめ買いをすることでよりお得に購入できる点が魅力です。

あんしん通販マートの決済方法は、銀行振込、コンビニ決済、ビットキャッシュ決済、クレジットカード決済の4種類です。

多くの個人輸入代行サイトでは、決済方法が銀行かコンビニの二択というところが多いため、決済方法の幅が広いあんしん通販マートは、便利に利用できる通販サイトといえます。

あんしん通販マートでバルトレックスを通販するならコチラ

オオサカ堂

オオサカ堂は、運営開始から20余年の歴史を誇る、大手の個人輸入代行サイトです。

オオサカ堂では、42錠入りのバルトレックス500mgが、1箱5,934円で販売されています。

2箱買うと9,664円になり、1箱で買うよりお得に購入できます。

オオサカ堂は、なんといっても商品の価格が安い点が非常に魅力です。他の個人輸入代行サイトなら、バルトレックスを42錠分買おうとすると1万円以上かかってしまいますが、オオサカ堂なら約6,000円で購入が可能です。

ヘルペスは再発を繰り返す病気であるため、あらかじめオオサカ堂で多めに買って常備しておくと便利でしょう。

オオサカ堂でバルトレックスを通販するならコチラ

薬の通販オンライン

薬の通販オンラインは、2018年から運営されている個人輸入代行サイトです。

薬の通販オンラインでは、10錠入りのバルトレックス500mgが、1箱4,180円で販売されています。

あんしん通販マートと同じく、2箱まとめ買いをすると20%OFF、3箱まとめ買いをすると30%OFFとなっており、お得に購入できます。

薬の通販オンラインは、運営歴こそ短いものの、サイトではそれぞれの薬について、非常に詳しく解説されています。

バルトレックスのページでは、バルトレックスの効果や飲み方といった基本的な情報はもちろん、詳しい成分の働きや、臨床試験の詳細についても紹介されています。

バルトレックスを実際に服用する前に、参考として読んでみるとよいでしょう。

薬の通販オンラインでバルトレックスを通販するならコチラ

バルトレックスまとめ

バルトレックスは、ヘルペスや帯状疱疹などの皮膚疾患が起こった際、第一選択薬として利用される治療薬です。

効果は非常に高く、1日2回、1錠ずつを5日間ほど飲めば、ヘルペスなどの症状も治まっていきます。

副作用の発生頻度は低いものの、まれに頭痛や吐き気、食欲不振などが起こります。また、過去にバルトレックスで過敏症を起こした人、腎障害の人、高齢者や妊婦・授乳婦の方は、慎重にバルトレックスを服用するよう、注意しましょう。

バルトレックスは、あんしん通販マートやオオサカ堂、薬の通販オンラインといった個人輸入代行サイトで購入できます。

病院で処方を受けるよりも、個人輸入代行サイトを利用したほうが、安価でバルトレックスを手に入れることができます。「病院に行く時間はないけど、バルトレックスは欲しい!」「できるだけ安くバルトレックスを買いたい!」という人は、ぜひ個人輸入代行サイトを使ってみてください。