バルトレックスを個人輸入する方法

バルトレックスを個人輸入する方法

バルトレックスの前に、そもそもの個人輸入を解説

個人輸入とは、個人で使う目的で、商品を海外から取り寄せることです。

個人輸入で購入されることの多い商品は、国内で販売されていない商品や、国内では高価になっているものが多いです。

海外ではお手頃価格のものも、日本の販売店やネットサイトでは、手数料などが加算され、驚くような価格になっていることがしばしばあります。

「海外旅行の途中で見つけたものを、あとで買おうと思って日本で通販しようと思ったら値段が全然違った。現地で買っておけばよかった!」と後悔した人もいるのではないでしょうか。

ブランド品はもちろん、化粧品や現地の食材、調味料などが倍以上の値段になって日本で販売されていることもあります。同じ商品ならできるだけ安く購入したいですよね。

旅行のついでに現地で購入できればラッキーですが、都合よく欲しいものが旅行先にない、ということもあるでしょう。

ショップのオープン時間と帰りの飛行機の時間が合わず、購入できなかったという人もいるのでは?

帰国後に、アレを買っておけばよかった!と後悔することもあれば、買い忘れた!といったパターンもあるでしょう。

「海外に滞在中に使っていい感じだったから、もっと欲しいけど日本で買うと値段が高すぎて購入する気になれない」なんて人もいるのでは?

個人輸入は、代行業者を通して、海外から商品を取り寄せます。そのため、商品を海外準拠の価格で購入できます。

もう手に入らないと思っていたレアなアイテムが手に入ったり、廃盤になっていた化粧品を購入できたりといったメリットもあります。インターネットが普及した影響で、個人輸入を利用している人は増えています。

病院で処方してもらうよりも個人輸入で購入した方が単価が安くなる薬も多いです。ヘルペスの治療薬「バルトレックス」も、そうした薬に含まれます。

ヘルペスは再発しやすいので、常備薬としてバルトレックスが手元にあれば、すぐに対処できます。しかし、使うたびに、毎回病院に行って処方してもらうのは手間ですよね。

また、病院では診察料もかかり、費用がかさばってしまいます。個人輸入なら、病院処方よりも価格が安いうえ、ネットで注文するだけなので、バルトレックスを購入できます。

人によって悩みは千差万別なので、家族や周りの人に知られずに薬を購入したい人もいるでしょう。

何度も再発するヘルペスに悩んでいる人は、個人輸入でバルトレックスを購入することを検討してみましょう。

個人輸入でバルトレックスを買うメリット・デメリット

バルトレックスを個人輸入で購入するメリット・デメリットについてみていきましょう。

個人輸入でバルトレックスを購入するメリットは、費用が抑えられることと、まとめ買いができることです。

バルトレックスは、病院では1週間分、つまり、治療に最低限必要な分しか処方してもらえません。病院でバルトレックスを処方してもらう場合、1週間分しか健康保険がきかない決まりとなっているのです。

そのため、ヘルペスが再発した場合、その都度、病院に行って薬を処方してもらわないければいけません。しかし、ヘルペスは早めに薬を飲んで対処しないと悪化してしまいます。人によっては、仕事や学校があるため、ヘルペスが再発しそうになったとき、すぐに病院行けないこともあるでしょう。

処方された1週間分のバルトレックスは、ヘルペスのウィルスを完全に抑えるためにも、全部飲み切る必要があります。そのため、飲む量を減らしてストックしておくこともできません。

あらかじめ、個人輸入でバルトレックスを購入し、常備薬として用意しておけば、再発したヘルペスに早めに対処できます。

口唇ヘルペスにかかった人は、皮膚の下がムズムズする感覚で、再発に気づくでしょう。再発の前兆が来たときに、バルトレックスを服用しておけば、症状が出ることなく回復します。

ヘルペスは進行スピードが早いのが特徴です。朝起きた時にヘルペスに気づいて、仕事終わりの夕方などに病院に行くとなると、治療が間に合わない可能性があります。

ヘルペスが再発しやすい人は、バルトレックスを常備薬として常に持っておくとよいでしょう。

バルトレックスは、病院で保険を使っても一般的な風邪薬などと比べて費用が高くなります。

個人輸入では多くの場合、商品をまとめ買いすることで割引が適用されます。バルトレックスをまとめ買いすれば、治療にかかる費用を大幅に抑えることができるのです。

個人輸入のデメリットは、悪質な詐欺サイトが存在することと、偽物の薬を購入してしまうリスクがあることです。

個人輸入で商品を購入する際に、サイト選びを間違ってしまうと詐欺被害にあう危険があります。

悪質サイトを利用してしまうと、注文したのに商品が届かないなどの被害を被る可能性があります。また、個人輸入で流通している薬の中には、偽物が紛れている可能性があるのです。

個人輸入代行サイトを選ぶときは、「会社概要」や「特定商取引法に基づく表記」というページをよく確認しましょう。

他のサイトと比べて安すぎる価格で販売しているショップにも注意しましょう。お金を騙し取られたり、偽物の薬が届いたいりする恐れがあります。

個人輸入代行サイトを選ぶときは、なるべく有名で、口コミで評価の高い大手サイトがおすすめです。

個人輸入には、メリットとデメリットがあります。両方を理解して、安全に利用しましょう。

バルトレックスが個人輸入できるおすすめサイト

個人輸入を利用したことがない人は、「どのサイトを選べばいいの?」という心配があると思います。

ここでは、おすすめの人気サイトをメリット・デメリットと合わせて紹介していきます。
大手サイトとしてよく名前があがるのは「あんしん通販マート」と「オオサカ堂」です。

あんしん通販マートは、7,000円以上で送料無料になります。また、期間限定で全品送料無料のキャンペーンをやっていることもあります。

こういった機会に常備薬などをストック買いしておくとお得に購入できます。

支払い方法は、銀行振り込み・クレジットカード決済・ビットキャッシュ決済・コンビニ決済と豊富に用意されています。

特商法表記もきちんと記載されており、信頼性の高いサイトです。口コミの投稿が多く、利用者やリピーターが多いのも信頼性を端的に表しています。

口コミコンテストが定期的に開催されており、優勝者には10,000円分のポイントがプレゼントされます。積極的に口コミを投稿してみるのもよいでしょう。

オオサカ堂の名前も、SNSなどでよく目にする機会があるのではないでしょうか。

オオサカ堂は、は全品送料無料となっています。表示価格以外の金額を請求されることがなく、料金が明白なため、利用しやすいサイトです。

商品自体は安くても、いざ決済となると消費税や手数料、送料などで思っていた金額以上になってしまうお店もある一方で、オオサカ堂は顧客目線の良心的なお店といえます。

口コミを見ていると、商品到着時に関税の支払いが発生したという書き込みが何件かあります。関税に関しては、税関員によって判断が異なる部分なので、オオサカ堂に限ったことではありません。

オオサカ堂では、新規登録で200ポイントもらえます。また、5つの会員ランクステージ(プラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズ・一般会員)が導入されています。

会員ランクが上がるほど、商品を購入したときに得られるポイント高くなります。個人輸入を利用する機会が多い人にとっては大きなメリットでしょう。

支払い方法は、クレジットカード決済と銀行振込みがあります。ただし、2019年現在、クレジット支払いは休止しているので注意が必要です。