バルトレックスの処方を病院で受ける

バルトレックスの処方を病院で受ける

バルトレックスは病院で検査を受けて処方してもらう

バルトレックスは、性器ヘルペスの治療に使われる薬です。処方をしてもらうには、皮膚科、女性であれば婦人科などで医師の診察を受ける必要があります。

病院で検査を受け、性器ヘルペスと診断されると、処方せんが出されます。それを処方せん薬局に持参することで購入できます。

基本的に、バルトレックスは1日2回、1回につき1錠飲みます。決められた量より多く飲んでしまうと副作用のリスクが高まります。必ず医師の指示に従って飲むようにしましょう。バルトレックスを病院で処方してもらう場合、保険が適用されるため、費用は3割負担です。

一方、バルトレックスは、個人輸入代行業者を通して購入することもできます。

個人輸入代行業者は、輸入に必要な手続きを代わりに行ってくれる業者のことです。あくまで手続きの代行なので、個人輸入代行業者を通して薬を買っても、書類上は自分が購入したことになります。

バルトレックスは、個人輸入代行サイトを利用すれば、通常の通販と同じように購入することができます。届くまでに1週間から2週間かかります。

個人輸入代行サイトを利用すれば、病院に行かなくてもバルトレックスを購入することができます。ただし、個人輸入でバルトレックスを購入した場合、健康上のリスクは自己責任となります。

性器ヘルペスと思ってバルトレックスを買ってみたものの、実は全く違う病気だった、ということになる可能性もあります。また、抗生物質の乱用は、薬の効かない耐性菌を生み出す原因になります。

安全面のことを考えれば、婦人科や皮膚科を受診して診察をしっかり受けてから診断されたうえで処方してもらう方がよいでしょう。

一方、ヘルペスは再発する上、早めに薬を使って治療しないと悪化してしまいます。

一度、ヘルペスの治療でバルトレックスを処方されたことのある人は、再発したときのために、個人輸入でバルトレックスを購入してストックしておくのもよいでしょう。

性器ヘルペスになったら、必ず、パートナーと一緒に治療を受けましょう。

バルトレックスは市販されていない医療用医薬品

バルトレックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹などの治療に使われる薬です。医療用医薬品のため、基本的には医師の診察を受けて処方されます。そのため、バルトレックスはドラッグストアでは売られていません。

個人輸入代行サイトを利用すれば、処方せんがなくてもバルトレックスを購入することができます。

輸入と聞くと、面倒な手続きが必要なイメージがあるかもしれません。実際は、輸入に必要な手続きは代行業者が行ってくれるため、一般的な通販サイトと同じ手順で購入することができます。

銀行振り込みやクレジットカード払いが選べたり、郵便局留めにすることができたりします。自分のニーズに合わせて利用すると良いでしょう。

保険が適用される薬の値段は、どの病院やクリニックをでも同じです。一方、個人輸入代行サイトではサイトによって価格設定が異なります。

他のサイトに比べて安すぎるサイトは、悪質サイトの可能性があるので注意しましょう。お金を騙し取られたり、注文したものとは違う薬が届いたりする恐れがあります。

個人輸入代行サイトを選ぶときは口コミを参考にしてみるよよいでしょう。

安全面のことを考えれば、医師の診察を受けたうえで処方をしてもらうのが最善です

ヘルペスの治療のため、一度病院を受診し、バルトレックスを処方してもらったことのある人は、個人輸入でバルトレックスをストックしておくのもよいでしょう。

再発したヘルペスは、早めにバルトレックスを服用することで、発症を抑えることができます。バルトレックスをストックしておけば、急な再発にもすぐに対応することができます。