バルトレックスはどんな病気に効く薬?

バルトレックスはしつこい性器ヘルペス・口唇ヘルペスを治すのに最適

バルトレックスはヘルペスウイルスの抑制に強い効果を発揮します。口唇や性器ヘルペスの治療だけでなく、再発を防止することも可能です。

造血幹細胞移植での単純ヘルペス感染症の発症を抑制に使われることもあります。

また、成人はもちろん、小児の単純疱疹や帯状疱疹などを予防する効果もあります。

性器ヘルペスは何度も繰り返す病気です。免疫の低下で再発するため、再発を繰り返す人は日常生活に細かい注意を払わなければいけません。

再発するたび、かゆみや痛みを引き起こすため、人によっては精神的負担になり、日常生活の質が低下することもあります。

バルトレックスはヘルペスの再発を繰り返している人におすすめの医薬品です。1日1錠を8週間、最大1年継続して服用することによって、体内のウイルスの量を減らすことができます。

1年飲み続ければ、ウイルスの量を1/3まで減らすことができるとされています。ウイルスの量が減ることで、ヘルペスの再発頻度が大きく下がります。

体内に入ったヘルペスウイルスは、現代の医療では完全に駆除することはできません。しかし、バルトレックスを使えば、ヘルペスの不快な症状を予防できます。

発症してから早めに服用することで、辛い症状を改善することができます。また、再発の前兆に気づいてからすぐに飲めば、症状が再発するのを未然に防ぐことができます。

疲労が溜まり、免疫が低下すると、ヘルペスウイルスは体内で増殖し始めます。

再発しそうなヘルペスを予防する場合、バルトレックスの用量は、1日2回、1日から〜3日間です。

ヘルペスの初感染時はもちろん、再び発生したときも、バルトレックスを使えば、ウイルスの増殖が抑えられ、不快な症状を避けることができます。

バルトレックスは、無症候性排泄などのリスクを減らすことが可能です。

バルトレックスを長期間服用して、ヘルペスの再発を予防する「性器ヘルペス再発抑制療法」も、保険が適用されます。

しつこいヘルペスの再発に悩んでいる人は、バルトレックスを使った治療がおすすめです。

人体の安全は臨床試験で確認されているので、安心して利用することが可能です。

帯状疱疹などに伴う疼痛を治療する効果もあり、さまざまな不快な症状を改善します。

バルトレックスはヘルペスの治療において第一選択の飲み薬になっており、世界中で利用されています。

バルトレックスは帯状疱疹や水痘にも効果アリ

バルトレックスは、帯状疱疹や水痘にも有効な薬です。

ウイルスは、細菌とは性質の異なる病原体です。細菌よりも小さく、感染した生物の細胞の中で増殖します。

ヘルペスウイルスは、皮膚や粘膜などに水ぶくれを作る特徴があります。単純ヘルペスや水痘、帯状疱疹や水疱瘡がその代表です。

特に単純ヘルペス(単純疱疹)や帯状疱疹は、感染からしばらくすると、皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤、ピリピリとした痛みを引き起こします。

バルトレックスは、このような不快な症状を引き起こすヘルペスに効果のある抗ウイルス薬です。

ヘルペスウイルスが原因になっている単純疱疹や帯状疱疹、水痘などの治療に効果を発揮します。

発症してからすぐに服用することで、ウイルスの増殖をいち早く抑え、不快な症状を改善します。

バルトレックスは、ウイルスのDNAの伸長を停止したり、DNAの複製を妨げたりします。その結果、ウイルスが増殖できなくなり、残ったウイルスも身体の免疫によって駆除されます。

造血幹細胞移植での単純ヘルペス感染症を抑制することができたり、帯状疱疹や水痘などに有効的です。

バルトレックスは、ヘルペスの発症期間を縮めたり、治癒を早めたりする効果があります。また、ウイルス増殖を予防して病状の悪化を食い止める効果があります。

服用するタイミングが早ければ早いほど効果的で、性器ヘルペスにおいて症状の再発を抑制したり、パートナーへの感染を予防したりする効果もあります。

さまざまなヘルペスに対応しており、ヘルペス治療において第一選択肢として最も推奨されている医薬品薬です。

バルトレックスは、皮膚上で増殖しているウイルスに有効です。ただし、体内に潜伏すしたウイルスには効果がありません。

ヘルペスは一度発症すると完治するのが難しいといわれていて、活性化したウイルスは神経細胞などに潜伏します。

神経細胞などに隠れているものに対し、薬の効果がそれほど及ばないので、バルトレックスでヘルペスを根絶するのは難しいでしょう。

潜伏したウイルスは、例えば体調不良などによって抵抗力がいっきに落ちると活性化します。活性化したウイルスは、神経や皮膚などを攻撃するようになるのです。

ヘルペスは発症すると疲れや病気などがきっかけで何度も繰り返す病気です。このような特性から、ヘルペスにはバルトレックスのようなウイルスを抑制する医薬品が不可欠になるのです。

バルトレックスじゃヘルペスは完治しないって本当?

バルトレックスは、性器ヘルペスの病変や症状などを治癒するのに効果的です。

性器ヘルペスは性行為などによってウイルスが感染し引き起こす単純疱疹です。主な病変や症状として、性器や肛門などにブツブツした水ぶくれが現れたり、痛みを伴うことがあるでしょう。

性器ヘルペスは、一般的に2~4週間続いた後自然治癒するのですが、バルトレックスを利用すると発症期間を1週間に短縮し症状を改善することが可能です。

早い段階においてバルトレックスを服用すると症状も軽鋳物で済みます。

バルトレックスは口唇ヘルペスにも効果があります。口唇ヘルペスは、唇においてウイルスが感染し引き起こる単純疱疹です。

感染者と接触したり、感染者が使っていたタオルやグラスなどからも感染するので注意しましょう。

口唇ヘルペスの主な症状は唇の周りの赤い水泡や痒み、痛みです。症状が治まったとしてもウイルスが完全に死滅したわけではなく、ウイルスは神経節に隠れてしまうので根絶することは難しいでしょう。

疲れたり、過度のストレスが原因で再発するのが特徴です。口唇ヘルペスは、2週間続いた後で自然治癒しますが、バルトレックスを服用すると発症期間を短縮することができます。

単純疱疹などに対するバルトレックスの有効率は非常に高く、開発時に行われた臨床試験でも、効果が実証されています。

臨床試験では、単純疱疹に対し、バルトレックスの主成分であるバラシクロビル500mgを1日2回投与した結果、約90.0%という有効性が確認されました。

帯状疱疹は3週間にわたって症状が続きますが、バルトレックスを服用すると1週間から10日で症状が改善されます。

早めにバルトレックスを服用することで、不快な症状の悪化を防ぎ、痛みやかゆみなどを軽減することができます。

完全にウイルスを消滅することは難しいですが、発生を抑制したり予防するのに高い効果を発揮することができるでしょう。

後遺症として考えられる帯状疱疹後神経痛などの発症を予防することも可能です。

バルトレックスは発症してから一定時間が経ってから服用すると、効果が減少したり消失することがあるので注意が必要です。

初発の場合、発症から48時間経過すると効果が減り、72時間経過すると効果がなくなります。

再発の場合、発症から6時間が過ぎると効果が減ってしまい、24時間後は完全に効果がなくなるので注意しましょう。